本文へスキップ

昭和12年設立 住宅地のビオトープ 地域に開かれた子育てセンター 

電話でのお問い合わせはTEL.06-6388-0306

〒565-0842 大阪府吹田市千里山東2−18−43

グレース会よりGrace

  • 10月19日
    バザーの詳細・お店の&商品の紹介
    バザーまで2週間余りとなりました。
    年明けより順次幼稚園の建て替え工事が始まるため、
    現園舎での開催は今年度限りとなります。
    今月は天候が不安定で雨の日が多く、
    幼稚園での行事にも影響が及んでおりますが、
    バザー当日は天候に恵まれるよう信じて準備を進めています。
    懐かしい園舎をご覧いただける最後の機会にもなりますので、
    卒園生をはじめ、多くの皆さまのご来園を心より
    お待ちしています。

    バザーコーナーの詳細は⇒http://senriyamagrace.jp/doc/20171019_01.pdf

    お店&商品の紹介⇒http://senriyamagrace.jp/doc/20171019_02.pdf

  • 10月19日
    バザーコーナー詳細フェイスペイント編
    元USJのボディペイントスタッフによる『フェイスペイントコーナー』が
    初登場です!
    デザインメニュー表&カラークリーム成分表を掲載いたします。

    デザイン表はこちら→http://senriyamagrace.jp/doc/20171019_04.pdf

    カラークリーム成分表はこちら→http://senriyamagrace.jp/doc/20171019_03.pdf

  • 10月12日
    バザーのポスター
    • image
    • image
    • image
    • image
    今年度のバザーのポスターが出来上がりました。各クラスから一枚ずつ作っていただきましたが、いずれも趣向をこらした素敵なポスターです。今年は初めて幼稚園のホームページにつながるQRコードを記載しました。通りすがりにポスターを目にした方が後日ゆっくりとホームページでバザーの案内を読んでいただき、なるべく多くの方にお越しいただければと思っております。
    作製していただいた皆さん、ご協力ありがとうございました。

  • 10月12日
    2017年度バザーマップ
    • image

  • 10月4日
    第2回クラフト講習会の様子
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    9月28日に行われた第二回クラフト講習会では35名の方が参加されました。
    講師は卒園児・在園児のお母さんにご協力を得て、Xmasリースやラビットファー付きリボンバックチャームなど秋、冬らしい5種類の作品をご指導いただきました。
    (他には上靴デコパージュ、和装用髪飾り、グルーデコのアクセサリーです)。
    作品ごとテーブルに分かれて座り、バザーの出品用やお子さん用などみなさん熱心に作製されていました。講習会の間は、当番のクラス委員の方に、ホール横のお部屋でお預かりいただけるので、小さなお子さんをお連れのお母さんも製作に集中されていました。
    私は上靴デコパージュに挑戦しました。まず、上靴のキャンパス地の上に、デコパージュ接着剤を塗ります。次にペーパーナフキンに印刷されている星や動物、お花などの好きな柄を切り取り、デザインを考えながら貼り付けていきます。その上からコーティング材を塗れば完成です。子どもの好きなデザインを考えながら、貼り付けする作業は楽しく、可愛い上靴が完成した時は嬉しかったです。
    他の作品を作製された方もみなさんそれぞれ素敵な作品が完成しました。今からバザーの手作り商品で並ぶのが楽しみです。

  • 10月2日
    広報だより(りす組)
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    夏休み前にりす組を取材してきました。
    山下先生を始め岡野先生、岩橋先生、その日は後から寺町先生も来られて、常時3〜4人体制で保育をして下さっています。
    りす組では年少〜年長まで3歳〜5歳の異年齢の中で、それぞれが学び、自分の思いを伝えて、相手もその思いを受け取るという子ども同士のつながりをこの時期は大事にされているそうです。先生方はサポート的にいるだけで、基本子どもたちで問題を解決しています。お父さんお母さんがいなくて寂しい気持ちを支えているのも子ども同士。「兄姉弟妹・きょうだい」それがりす組と山下先生。
    預けている身としても、お話しを聴いていてとても感動し嬉しく感じました。
    そんなりす組の責任者でもある山下先生は制作が得意ということで、この日も年中や年長の子どもと一緒にポケモンのキャラクターをビニール袋や色紙などで作っていました。子ども達によると、絵もとてもお上手とのことでした。岡野先生や岩橋先生、寺町先生も折り紙を折ってと頼まれたり、背中に抱き付かれたり、絵を書いて〜とお願いされたりと子ども達と楽しく優しく接してくださり、それでいてちゃんと子ども達の動向に目を配ってくださっていました。
    さて、おやつについて。おやつは年少と年中・年長は違うものを食べることが多いようです。(同じ時もある)
    まだ食べられないものも多い年少児への配慮もされています。
    基本は市販されているものから選ばれているとのことですが、調理室よりバナナのきな粉がけや麩のラスク、手作りゼリーと果物、おにぎり等々ということもあるとのこと。
    りす組の子ども達と遊びながら取材させていただいて、いろいろな遊びに興味を示す子、1つのことを黙々と熱中して行っている子、年下の子を手助けしている子、チリ一つ残さず綺麗にお掃除する子ども達の姿など、子ども達が出来る力を沢山持っていることに驚かされた貴重な時間となりました。
    りす組のみなさん、先生方ありがとうございました。

  • 10月2日
    広報だより(運動会練習)
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    気持ちの良い秋晴れの9月26日、幼稚園では運動会の練習が行われていました。
    園庭では、夏休みを終えて少し大きく成長した年少組から、練習がスタートしました。イルカ体操を元気に踊り、よーいどんの練習です。一生懸命に頑張る年少組、先生方の声援で最後まで頑張っていました。見ていてとても和やかな光景でした。
     次は年中組です。初めての障害物走の競技に、戸惑う事なく進んで行く子ども達、中には引き返してしまう子どもの姿もありましたが、みんな元気いっぱい頑張って競技をしていました。
    最後は年長組です。イルカ体操もみんな上手に出来ていて、さすがと思わせる年長組でした。障害物競争のメインの跳び箱では、リーダーの話を真剣に聞く子ども達の姿がありました。色んな障害物を突破してゴールしますが、一位になり喜ぶ子ども、3位になってしまい悔しさを表現する子どもの姿もありました。また、普段見ることの出来ない先生方の細やかな配慮も見ることが出来ました、例えば、日差しを避けて日陰に子ども達を座らせる等、心温まる光景でした。運動会当日では、どんな姿を見せてくれるのでしょうか?今からとても楽しみです。練習の成果を思う存分発揮できたらと願いますが、頑張っている子ども達全員に声援を送りたいと思います。

  • 9月25日
    バザー食品アレルギー表示一覧

  • 9月14日
    手作り品ラッピング見本
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
     バザー手作り品提出について 

    【提出日時】
    10月11日(水) 
    10:30〜11:30

    【提出場所】 ホール

    【提出時の注意点】
    ※透明の袋やセロファン等でラッピングをし、そのまま商品として売れる状態で提出してください。
    ※値札用紙は必ず、ラッピングの外側に添付してください。
    ※値札用紙は、上部だけセロテープでとめて、正面(できる限り右下)に添付してください。
    ※「絵本袋」を提出される場合は、持ち手部分のみはラッピングせずに開けた状態にして、それ以外の部分をラッピングしてください。
    ※「スモック」を提出される場合は、ラッピングの必要はありませんが、値札用紙はループ部分に取り付けをし、サイズ欄に着丈の長さを記入してください。

    その他、詳細につきましては、9月8日にお配りした「バザー手作り品等の提出について」をご覧ください。

    ※手作り品のラッピング見本を、9月14日〜29日の間、事務室前に展示いたしますので、幼稚園にお越しの際、参考にご覧ください。
    ※ラッピング見本にはリボンをつけていますが、提出される際は、リボンをつけてもつけなくても、どちらでも構いません。

  • 9月11日
    広報だより(夏休みもYMCAのリーダーとあそぼう!)
    • image
    • image
    • image
    • image
    夏休み中に開催された幼児水泳教室の様子をお伝えします。
    今年は8月7日〜10日まで(7日は台風の影響で中止のため)3日間で年中・年長クラス、年少クラスとも各1時間の日程で行われました。
    竹中リーダー、みどリーダー、みーとリーダーが指導を担当してくださいました。
    まずは、元たんぽぽ組の部屋で着替えをして、自分で出席カードにシールをはります。リーダーの「おはよう」の元気な声に、少し緊張気味の子どもたちも笑顔になっていました。
    着替えが終わり園庭で準備体操をしたら、いよいよプールへ。
    シャワーを浴びると「ひゃー冷たい」と言いつつもみんな嬉しそうです。
    プールサイドに2人1組のバディを組んで並び、元気に番号の掛け声とごあいさつ。
    プール際に座るとみんなでバタバタ!!後ろ向きになってバタバタ!!一斉に大きな水しぶきがあがります。次に肩まで水につかって、手で水をすくって顔につけて体を水に慣らしたら、プールを歩いて横断。水圧を感じながらも遊び感覚で楽しそうです。
    ここまで終わると、子どもたちの水慣れのペースに合わせたグループ分けをしていろいろなゲームで遊びながら「できた!!」という体験をしていきました。
    水に不慣れなグループは浅いプールで玉入れをしたり、床に落ちている碁石を探す宝探し、手で歩いてわにさんになってみたり、フープをくぐってみたりと趣向をこらした内容で少しずつ段階を踏んでいて、水に顔がつけられなかった子も顎までつけられるようになったり、次の日にはおでこをつけられたり最終日には潜れるようになっている子までいました。
    水に慣れているグループは深いプールでフープにジャンプしてプールへ飛び込んだり、水中でじゃんけんをしたり、すべり台をしたり、壁をキックして前進したり、泳ぎながら鬼ごっこをしたりとより水泳能力を高める内容でした。
    グループに関係なくもっとも子どもたちが楽しんでいたのはお店屋さんごっこでした。
    フープを持ったリーダーたちがジュース屋さん(口をぶくぶくしてジュースを飲んだふり)野菜屋さん(顔をつけて野菜を食べたふり)魚屋さん(フープを上から下へくぐって魚をとったふり)のコーナーがあり、子どもたちは思い思いの場所に何回も並び楽しんでいました。
    どうしても水に抵抗のある子どもたちは初日不安そうな子もいましたが、できなかったことが少しできたことで褒めてもらって自信につながったり、リーダーとたくさん遊んで楽しかったりと最終日にはそれぞれに成長を感じることができました。
    夏休みにまたひとつ大きくなった子どもたちでした。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

information

学校法人千里山学院
千里山グレース幼稚園


〒565-0842
大阪府吹田市千里山東2−18−43
TEL.06-6388-0306
FAX.06-6389-1715
Mail.info@senriyamagrace.jp