おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

「第一保育期を終えて」(年中だより) 2019.07.18

第1保育期を終えて…   明日から夏休み!楽しい予定が盛りだくさんに待っているんでしょうね。「夏休み」と言葉が出る度に子ども達は、笑顔になっていましたよ。  今日までの約4か月、あっという間でしたね。進級当初は、毎日どうなることやらと思い悩まれたと思いますが、少しずつ少しずつ子ども達が変わってきていることに、気付いてもらえていますか?年中からスタートしたグループ活動(牛乳当番)は、みんなのためにしたことで「ありがとう!」と言ってもらえる心地よさ☆一人じゃ大変なこと、難しいこと、ドキドキすることも友だちと一緒なら大丈夫!と思える安心感^_^そしてそれが出来る自分の力を実感◎次への「意欲」とつながっています。 そして、「自分のこととして」の意識をもつ。…ちょっと言葉が難しくなってきましたね。いえいえ、そんなこともないんですよ。これまでの日常生活で日々あることなら「どうする?」「どう思う?」と判断したり、考えることを促してきました。また「~してね。」「あれは?これは?」と直接的な指示ではなく、「自分のこと」には気付けるよう働きかけをしてきました。家庭では、身の回りのことから働きかけてみてはどうでしょう。「身支度」だけでも、案外お母さんの口はいっぱい動いてますよ。 年少からの流れを引き続き積み重ねてきたことや、リセットした約4か月。その中でも友達の存在は大きくありました。(これも側で見るお母さんには悩みの種でもありましたね…)みんながいたから楽しかった!これからも楽しい!!あそびの中で、友達の中で子どもは育っていきます。ちょっとの意識を大人ももって…。昨日のクラス懇談会での話(ディスカッション)も参考にしてくださいね。 今日で第1保育期の終了です。認定こども園へとなり、お母さん達にはご協力・ご理解を今まで以上にいただき深く感謝しています。ありがとうございました。事故・けが・病気なく、どうぞ楽しい夏をお過ごしください。 
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。