おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

年少だより 9 2019.12.19

もうすぐクリスマス☆園でも一足早くクリスマス会が行われました。いつもと違う雰囲気にドキドキしていましたが、サンタさんの登場に大喜びでした(^-^)
 
会を前に「幼稚園にもサンタさんが来てくれるように素敵に飾りつけよう!」と各クラス製作に取り組みました。
いつもは製作に消極的な子も「サンタさんのためなら」と自ら取り組む姿がありました。どのクラスもハサミを使ったり、糊とボンドを使い分けて飾り付けをして作ったのですが、手先をスムースに動かせる子もいれば四苦八苦する子も…。
普段、日常の中で手先を使うことをどのくらい意識されていますか?ボタンやファスナーの開け閉め、みかんの皮むき、ゼリー等の蓋を開けるなど、つい大人がやっていませんか。つまむ(洗濯ばさみ等)・しぼる(雑巾等)・ひねる(蛇口、ペットボトルの蓋等)・ちぎる(レタスなどでサラダ作り等)などせっかくの機会を奪っていませんか。より子どもたちの生活が豊かになるように家庭でも手先を使うことを意識してみてくださいね。
話が逸れましたが、無事完成し飾ったことで園にサンタさんが来てくれましたので、ぜひお家でも飾ってサンタさんが来る時の目印にしてクリスマスを楽しんでくださいね♪
 

来週から冬期預かりが始まりますが、今日で第2保育期が終わります。運動会や遠足、バサーなど多くの活動を通し友達の存在が大きくなった4か月でした。例えば、一人で戦いごっこをしていた子が仲間を作って戦い始めたり、ドキドキすることも友だちと手を握ると安心できたり、牛乳をこぼせばお助けマンになって一緒に拭いてあげたりなど。第1保育期は『先生と一緒』だったことが『友達と一緒』に変わってきました。
生活面では靴を立って履いたり、お箸を使ってみる姿が増えました。(お箸だけでなく、先におかずばかり食べてしまい、白ご飯だけが残って食べられなくなる姿があり気になっています。順番に食べる三角食べも教えていますので家庭でも意識してみてくださいね。)個人差はありますが出来ることが増え、認めてもらうことで自信へと繋がり、心身共に成長しましたね。
先月の個人懇談で共に成長を感じたり、家庭でもいろいろと意識してくださっていることを改めて知り、これからも一緒に見守っていけるよう共通理解を持っていきたいと感じました。明日から冬休みですが、HPのおたよりでお伝えしてきたことや本日配布した手紙(年少だより)を参考に、ぜひ継続してくださいね。

 
今期もたくさんのご協力をありがとうございました。楽しい年末年始をお過ごしください。
よいお年を!
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。