おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

年少組だより①「年少組始動!」 2020.07.10

 7月に入り、クラスにやっと全員の子ども達がそろいました♬ 入園式は無事行えたものの、そこから自粛の日々がとても長く、ご家庭でもお母様方が工夫して子ども達に幼稚園のことを話してくださったり、過ごしてくださったことが、久々に会えた子ども達のワクワク、そしてドキドキする姿からも感じました。そして何より、皆が元気に来てくれ安心しました。長い間の自粛にご理解・ご協力いただき感謝しています。
5月末から、分散登園が始まり元気な姿を見せてくれた子ども達。担任も入園式以来の再会に嬉しい気持ちと共に「どんな姿を見せてくれるか」ドキドキ感もあり迎えました。
 年少組にとって分散登園の数日間は、人数も少なく、より子ども達と丁寧に関わることのできる時間だったので、とても貴重な時間となりました。 この分散登園ではまず、「新しい生活様式」をふまえ、“生活習慣を身につける”ことへの第一歩を踏み出しました。最初は鞄を開ける事(最初は一人でできない子もいました)や手を二回洗うことなども伝えながら、じっくり関わることができました。これから一緒に積み重ねて、頑張って行きましょうね!
そして何より子ども達との時間で大切にしたのは好きな遊びを見つけて“楽しい!”と感じてもらえることです。「幼稚園、先生大好き」と感じ「安心できる場所」になれる様に過ごしています。子ども達のお気に入りはプラフォーミング(大型ソフト積み木)や汽車、ままごと、ダンゴムシ探しなど、戸外も砂場や遊具、三輪車など大好きです♪どんどん好きな遊びを見つけていきますよ~☆
 
そして迎えた7月1日。前の日に「友達が沢山増えるよ、嬉しいね♬」と伝えていました。変わらず楽しめる子もいれば、やはり人数が増えたことで圧倒される姿もありました。今まで大丈夫だったのに、泣いてしまう子もいて、「あれ?」と感じた方もいるのでは?
この姿は本来4月に始まっていれば、少しなれてきたGW位にハッと我に帰りでてくる姿と似ています。(「どうして大すきなお母さんと離れて幼稚園に!?」と気づいてしまった?笑)
 
子ども達は楽しんでいるように見えても、初めての(新しい)集団の中で小さい体と心をフル回転して過ごしているんですよね。疲れて家に帰り、いつもより甘えたり、わがままを言ったりすることも、当たり前の姿として、しっかり受け止めてあげてください。おかあさんの不安は子ども達に敏感に伝わります。ドンと構え、何かあればこっそり担任に相談してくださいね♬一緒に子ども達の成長を見守って行きましょう。
一年間、どうぞよろしくお願いいたします。   年少組担任一同
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。