おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

鯉のぼり(年長) 2019.05.31

先日の日曜参観・保育参観・保護者会と、お忙しい中ありがとうございました。 保育参観では、年中から一歩成長した姿を感じてくださった方が多くいました。 グループ・クラスで協力していく姿が今後どんどん増えていくと思いますので、見守ってあげてくださいね。 5月は年長ならではの活動が盛りだくさんでした。まずは、飼育当番も始まりました。 西田先生をリーダーに6人ずつ、うさぎに餌をあげたり、抱き方を教えてもらったりしています。 その時教えてもらったことを、早速外遊びの時に今度は自分が友達に教えてあげ、ウサギを抱っこしたり、散歩をしたりして楽しんでいます。 飼育当番を通して生き物に対する接し方を学んでいるところです。飼育当番は希望制ですが、今ジャンケンで取り合うほど人気ですよ。 毎日とはいきませんが、順番にしていきますね。 日曜参観で見ていただいた『鯉のぼり作り』では、どのようにしたら空を泳ぐのか、素材は何が良いのか、重さは?など色々なことをクラスみんなで意見を出し合い、考えていくところから始めました。 うろこは一人1つを丁寧に作りました。たった1つでもクラス全員分が集まることで素敵な鯉が完成しました。 このように年長組の活動は、これからも“話し合い”を大切に進めていくことが多くあります。 それは、自分の意見も伝えつつも、相手の意見にも耳を傾け、それを受け入れながら、一つに意見をまとめていくことですよね。 来週から始まる“乗り物ごっこ”に向けた活動は、正に“話し合い”の日々です。毎日グループの友達と頭を付き合わせながら進めていきます。 いよいよ本格的にスタートです。毎日の進み具合を子ども達から聞いてみてくださいね。 お父さんのプレゼント作りも始まっています。口のお手紙は届きましたか??今度はお母さんが協力者ということ、2回目の経験ということで伝わりやすかったのでは。ご協力ありがとうございました。まだの方は耳を傾けてあげてくださいね。
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。