おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

「舟作り(自分のこととして)」(年中だより) 2019.07.12

本日は参観ありがとうございました。子ども達、とても喜んでいましたね。 不安定な天候が続き、体調も崩しがちのクラスもありますが、6月末から泥んこや色水、プール遊びと夏の遊びを楽しんで来ました。やはり、水にふれ、ぬれることを気にせず楽しめる遊びは子ども達もより気持ちを発散して楽しむ姿がありますね!!普段の遊びでは見られない表情や大胆さも見ることができました。 そして、口のお手紙で材料を持ってきた船作り、各クラス完成しました。船作りは、すきな遊びの中で自分で時間を見つけ、作りました。すぐに「作る〜!」と取り組む子、遊びに夢中で作るのを忘れている姿もありました。この船作りもですが、これまでも父の日母の日のプレゼント作りやプールパンツ入れ作りなども、“自分で時間を見つけ”行える様関わって来ました。やりたい気持ちはあっても、つい遊びを優先してしまっている子には、コーナーが開いているアナウンスや、できたものを紹介したり、気づけるようにも関わリます。言われてやるのと、自分で作ろう!と行うのでは気持ちも違いますし満足感も得られます。。 生活の中でも、まずは自分のこととしてやるべき事を行う習慣は大切です。先に済ませる事で沢山遊べます、その分楽しさも感じられます。 逆に遅かったり、なかなかできないと集団生活の中では十分に遊びを楽しめなくなり、すると充実感にもつながりませんよね。様々な事においてマイナスにつながってしまいます。言われて行なっていても、それは身にはついていきませんよね。 そのためにも、日々“自分の事として”とらえられる経験を大切にしています。船作りなど、やりたい、楽しい事だと取り組みやすいですし、出来たときの嬉しさもあります。そんな経験を日々、園生活の中で積み重ね、実感できることを大切にしています。 この先、子ども達が十分楽しめるようにも、また困らないためにも、今 “自分のこととして” 話を聞く、身の回りの事をする、行動する事の大切さをこれからも伝えて行きたいと思っています。 園で出来ていても家では…、だとなかなか身にはつきません、どうですか?用意は自分でしていますか?まずはそこから、意識してみてくださいね。
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。