おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

「第2保育期が始まり」(年中) 2019.09.20

第2保育期が始まり、3週間が経ちましたね。夏休みのアンケートを読ませていただき、様子とともに、じっくり子どもたちのことを考え関わってくださったことが伝わってきました。食事のマナーやお手伝いなど、頑張ったことが自信になっているのがわかります。ありがとうございました。 最初のうちは夏休みの過ごし方により様々な姿を見せていた子どもたちですが、ようやくそれぞれリズムを取り戻し、友達と遊ぶ楽しさを感じているようです。まだ残暑が厳しく長い時間は難しい時もありますが、目の前の園庭で遊べるようになりました。最初は高台にそびえるツインタワー(総合遊具)に皆集まり混雑していましたが、今は虫探しや砂遊び、鬼ごっこなどそれぞれ好きなことを見つけて遊ぶのが楽しいようです。これから広い園庭で、のびのび走り回って遊び、体力をつけていきたいと思っています。 そして今は少しずつ、運動会に向けての取り組みが始まっています。 障害物走などは、普段体育あそびでやっていることを行いますが、跳び箱を登るときはしっかり手をついてひじを伸ばすことや、前転でおへそをしっかり見て回る、途中で止まらずに最後まで走るなど、それぞれのポイントで大切なことを押さえつつ、体を目いっぱい使うことを大切に取り組み中です。 ダンスはペアで踊ります。年少と違い、自分だけでなく相手がいることでより楽しさが増しますが「合わせる」ことの難しさを心と体の両面で感じることもあるかもしれませんね。相手の思いに気づいたり、刺激をもらったりすることもたくさん経験して、最終的には友達と一緒って楽しい!と感じて踊れるように♬取り組み中です! そして玉入れはこれから…!投げ入れる事って意外と難しいんですよね、気持ちを盛り上げ、楽しみたいです。 第2保育期は夏休み前とは違い、子どもたち同士の距離もより近づき、友達と一緒だからこその楽しさ、協力することの楽しさなどを感じられると思います。新しいグループになり、当番を張り切る中でいない子を自分たちで気づき声をかけたり、「先生手伝わないで!」と自分達だけで牛乳を運んでみたり、自分たちの力でできる事が嬉しい姿が見られます。運動会に向けてもですが、自信を積み重ねていってほしいですね。 まだまだこの年齢ならではのもどかしさもあり、悩みは出てくると思いますが、しっかり向き合っていきましょうね!今学期もよろしくお願いいたします。 ※これから朝夕は涼しくなると思いますが、日中はまだまだ暑い日があります。半袖の上に長袖の羽織ものを着るなど、衣服の調節がしやすいようにしてください。
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。