おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

「お店屋さんごっこ①」(年中) 2019.11.15

先日のバザーはご協力ありがとうございました。子どもたちは本当に楽しかったようで、園でも楽しかった話がとても盛り上がりました。

そんな話から、「お母さんたちみたいにお店屋さんしてみる?」と聞くと「やりたいっ!」とお店屋さんごっこをすることになりました。昨年、年中組に招待してもらい楽しかったことを覚えている子も多く、お客さんには「いちごバッチさんに!」と大張り切りの姿がありました。(お花バッチさんにも来てもらいたいと言っていたのですが、動物園ごっこの準備が忙しいようで…。)

そこで、年少組さんは皆で100人ぐらいいるから沢山作らないといけないこと、その為には遊ぶ時間も少なくなってしまうかもしれないこと、も伝え「大変だけどどうする?」と確認しました。それでも「やりたい」とワクワク、”年少組に喜んでもらいたい”気持ちや”これまでについたパワーがあること”が自信になっているようでした。

まずは店舗決めから始まりました。1クラス5店舗、それが決まると作り方も子ども達で話し合って決めました。次の日に作る品物を前日に話し合い翌日に臨みます。

そしてこの話し合い、クラス皆が口々に話すので、最初はなかなかうまく行きません。意見もバラバラでまとめるのが大変なときもあれば「それいいね!」と共感したり、出た案を形にしてみたり、多数決を取ってみたり(多数決する事も子ども達からの発案です)…。もちろん教師が間に入りすすめるのですが、これが毎日続くので大変(^^;)一人ひとりが自分の事として参加もして欲しいので、そこも大切にすすめました。…そして作る作業も毎日続きます。

好きな遊びの時間を利用して、作るものもあれば、一斉に作る事も。遊びたいからと見て見ぬ振りをする子、好きで次々作る子、途中でしんどくなっちゃう子など。でも、出来た品物をみると嬉しくなる姿があります。一人だと一個しかできないけど、皆が一個ずつ作れば28個!二つだと60個(約)!など伝えると「おー!!」とびっくり(笑)、皆でする事の大きさや協力すると力が大きくなる事も知りました。そして時には皆で、「やらない人がいるけど、どうする?」と再確認する事もありました。やはり、「やる」と決めた事をやり切る経験につなげたいですよね。きっと、「遊びたいけど」と気持ちの葛藤もあったと思います。

そんな感じで、今取組中です!来週の水曜日にはお店やさんごっこ。今週で品物もだいぶそろい、後少しです。来週は担当決め(自分が何屋さんをするか)や役割決め(お金、呼び込みなどの担当を考える)などまだまだ話し合いが続きます…。

”大変だけどやってよかった”、"頑張った分だけ楽しかった"、そんな気持ちにつながる事を願いつつ…!当日の様子はまたご報告しますね。子ども達から何屋さんがあるかなど聞いて、会話を楽しんでみてください♬

Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。