おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

第2保育期を終えて(年長) 2019.12.20

第2保育期が今日で終わりました。
行事の多い4か月で、年長だからこそ出来るもの!と気持ちを盛り立てながら取り組んできました。

12月はクリスマス会を楽しみに個々で製作をしました。部屋の飾りだけでなく、クリスマス会を彩るツリーのオーナメントも作りました。その間にも交通安全教室、防火教室、大根抜きと楽しいイベントが盛りだくさん。
そして、運動会明けから始まった縄跳びチャレンジは終園日まで続きました。日に日に回数が増え、うめ・さくらでお互いに今誰がトップか?と情報交換しながら、『今日こそは○○くんに勝つ!』とチャレンジしたり、応援する姿が見られましたよ。ぜひ、冬休みも遊びの一つとしてチャレンジを続けてください。

縄跳びチャレンジの中で『練習すればできるようになる』『諦めずに頑張ったらできる』と子ども同士でも激励し合うようになりました。そして、この挑戦する気持ちが次はこま回しに向かっています。家で回すことは難しいかもしれませんが、機会を見て一緒に挑戦したり、アドヴァイスして、挑戦しようとする気持ちを冬休みにも持てるようにしてみてください。

また、11月の末から視力検査をしました。なぜするのかも伝え、6~7人ずつ、勝浦先生の説明を聞いて行いました。結果は出席ノートの健康診断表に記入していますのでご覧ください。
また、この検査の中で、状況を自分の言葉で伝えることが必要でした。普段からどれだけ自分で伝えられているか、会話の中で探っていき、子どもの言葉を待つことを大事にしてくださいね。

第2保育期に大事にしてきたこと・また冬休みに大切にしてほしいことを今日発行した『年長組だより』に書いていますので、お読みください。

今学期も子どもたちと笑顔で過ごせたのは、お父さん・お母さん方のご理解・ご協力のおかげです。ありがとうございました。良い年をお迎えください。


 
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。