おたより
幼稚園からのおたよりを掲載しております。

はじまったよ(年中組だより①) 2020.07.10


保護者の皆さん、こんにちは!
ようやく、通常保育を進める段階までこれました。
臨時休園からここまでの長い間、子ども達、保護者の方々、そしてその周囲の方々の懸命なコロナ対策が現在の健康や環境につながっているのだと思います。
ご理解・ご協力に深く感謝しています。ありがとうございました。
まだまだ日本中では、不安定な状況も見られます。
引き続き、皆で感染拡大防止を心掛けていきましょうね。

さて、子ども達は…。
クラス内約半数で過ごした分散登園期間にすっかり慣れてしまい、通常保育の人数に圧倒される姿もありました。
でも、会いたかった友達と遊べることはとても嬉しくて、笑顔もいっぱいです。
一方では、人数の多さ、教師の少なさ、環境の違い等、4月の進級時のような不安も実は抱えていることも感じます。
楽しさと不安と…両方の気持ちが交互に出ているかもしれませんね。
まだまだ始まったばかりですけど、そんな姿を見てお母さんが不安になった時は、いつでもお話ししましょうね。

園でも新しい生活様式を取り入れながらの保育をしています。
そうしながら、なるべくこれまでと同様に楽しめるよう考えています。

まず、水あそび。
牛乳(ジュース)パックを使って、パンツ入れを作りました。
これから天候に合わせていつでも遊べるように、自分のプールパンツ・泥んこパンツがすぐわかるように、「自分で持ち物の整理をする」ことが出来るように、使っていきます。
また、もうずい分と前に過ぎてしまった、母の日・父の日。
今年は、タイミングが合いませんでしたが「ありがとう」の気持ちはいつだって届けよう!と只今製作中です。
楽しみにしていてくださいね。

こうして、毎日少しずつ生活する中で新しい環境にも慣れて、その中で楽しさを見つけていこうと思います。
子ども達もおとなも「コロナウィルス」という新しい環境が増えました。
今は不安がつきまといますが、正しく対策をすることで安心・安全を保ち続けていきましょう。

今年度、どうぞよろしくお願いいたします。
担任一同
Photo ※写真をクリックすると拡大表示されます。