本文へスキップ

昭和12年設立 住宅地のビオトープ 地域に開かれた子育てセンター 

電話でのお問い合わせはTEL.06-6388-0306

〒565-0842 大阪府吹田市千里山東2−18−43

グレース会よりGrace

  • 5月30日
    鯉のぼり製作(年長組)
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    五月
    年長組の部屋では、恒例の鯉のぼり制作が行われていました。
    ふじ組 さくら組 うめ組それぞれの部屋で鯉のぼりに使う材料やデザインを話し合って決めます。
    子ども達は、
    「本物そっくりに作ろう」
    「目の材料はしっかりしていて、軽い素材」
    「スパンコールでキラキラにしよう」など、たくさんの意見を出し合っていました。

    鱗の細部にまで工夫がされていて、それぞれのクラスの個性が出た鯉のぼりが完成しました。

    そして出来上がった鯉のぼりは5月20日に行われた日曜参観の会場にも飾られ、頑張る子ども達を応援するかのように晴天の中、泳いでいました。
    幼稚園のテラスにも飾られていますので、ぜひ実物をご覧になってください。

  • 5月24日
    広報だより(年長組園外保育・津雲公園)
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    年長組は体育遊びを兼ねての園外保育です。この日はバスで津雲公園へ。
    2日後の日曜参観のリレーに備えて、リーダーの指導のもと、本番さながらの練習風景が見られましたよ。
    広い公園の真ん中に、先生方が小さい、色とりどりのカラーコーンを並べて、即席のトラックを作ってくれました。
    まずは、じゃんけんゲームでウォーミングアップ。相手を見つけてジャンケンをしたら、端まで思いっきり走って、戻ってくる、というのを繰り返します。何度もやっているうちに速く走れるようになってくるそうです。
    そして、この日来てくれていた小1のお兄さん先生の2人が、トラックを走って見本を見せてくれました。
    リーダーが子どもたちに伝授して下さるコーナリングの心得を子どもたちは熱心に聞いていました。曲がるときに、どれだけ線の近くを走れるか。そして、速い子は大きくふくらんで走りがちなので、遅い子は、トラックの近くを小回りに、相手の内側を走り抜けることによって、十分勝算があるとの嬉しいアドバイス。
    練習本番では、先生方のサポートのもと、上手にバトンを渡しながら、一生懸命走っていました。走っているお友達の名前を一人ひとり呼びながらの大声援も頼もしく、とても盛り上がりました。
    競技の後は、再びリーダーがリレーの心得を教えてくれます。バトンを落とさないこと。途中で疲れても、最後まで手を振って一生懸命走ること。自分が速くても、後ろを見ながら走らないこと。リーダーによると、1週間前とは見違えるほどの成長ぶりだそうです。

    園外保育の後半は、遊びの時間です。
    リーダーが子どもたちに何をして遊びたいかと聞くと、どうやら虫取りが人気のようです。
    一方で、まだまだリレーの練習をしたい子どもたちもいて、リーダーと一緒に引き続きチームに分かれて強化練習をしていました。
    シロツメクサを摘む女の子の輪、一目散に斜面を駆けあがる子、木に登る子、ダンゴムシ、カメムシ、ミミズやアリ探しに夢中の子。中でも、幼稚園のザリガニ池とちょうど同じくらいの小さな池のようなところが大人気スポットでした。たきぎごっこ、魚釣り、子どもたちの想像が膨らみます。

    約1時間45分の園外保育は、リーダーとの体育遊びあり、自然観察あり、アスレチックの要素もあり、子どもたちにとっては充実の時間になりました。

  • 5月18日
    クラフト講習会 作品一覧

  • 5月2日
    年長の遠足
    • image
    • image
    • image
    • image
    4/26 年長は千里北公園へ遠足に行きました。
    みんなで楽しい時間を過ごした後は、親子別行動。
    お母さんたちは何をしていたのか?少しご紹介します。
    クラス毎にお弁当を食べて、恒例のレクリエーション。
    今年はクラス対抗で競いました。
    ボール送り競争、フープリレー、ラストは大縄跳び競争。
    参加しているお母さん、応援しているお母さんの楽しい声が響きわたりましたよ♪
    クラスだけでなく、年長が一つになれた素敵な時間でした。

  • 3月1日
    サークル発表会
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    2月22日にサークル発表会が開催されました。
    今年も在園のお母さんたちで活動されている人形劇、クラフト、コーラスサークルの皆さんと、卒園生のお母さんたちで活動されているハンドベルサークルのベルグレース、コーラスサークルのハーモニーグレースの皆さん方による素敵なパフォーマンスが披露されました。
    卒園生のお母さまからは「毎年楽しみにしているの!」と嬉しいお言葉をいただきました。
    卒園後もサークル活動等を通じて幼稚園とつながっていられるって素敵ですね。
    ご参加いただいたサークルの皆さん、ありがとうございました。

  • 2月27日
    広報だより(お別れ遠足)
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    2月26日、年長組のお別れ遠足があり、付き添いの保護者として参加してきました。
    天気はみごと快晴!
    9時40分に園を出発。園バスで五月山公園へ向かいます。
    と、その前に登山口に行く途中にある なが〜い滑り台のある公園に寄り道。一人一回ずつ滑りました。子どもたちのテンションは一気にアップ。そしてそこから少し歩いて、登山口に到着。あらためて、山登りのスタートです。
    山道は楽な道のりではありませんでした。階段、急斜面、石や木の根ででこぼこの道。落ち葉が積もってすべりやすい道、一人しか通れない細い道。難所が盛りだくさんです。しかも、今日は春の陽気に包まれ暖かく、子どもたちは暑いといって、すぐに半そで姿になり、それでも暑く汗をかきながらの登山でした。
    途中、おやつ休憩で先生からラムネをひとつもらってパワーアップ。再び頂上を目指します。そしてついに頂上の五月台に全員無事に到着。北摂の街を一望できる最高の景色に「お〜」と歓声があがりました。
    五月台で集合写真を撮り、お弁当、おやつを食べた後、下山しました。
    帰路は階段ばかりの道のりでした。子どもたちはタッタカ軽やかに下りますが、大人(お母さん)は膝がガクガク。登るより下るほうが大人はつらかったです。
    スタートの園バスを降りた場所まで下山し、隣接する五月山動物園に行きました。ヤギ、ブタ、アルパカ、ウォンバットなどの動物を間近で見た後、近くの遊具のある広場に行きました。
    山道では「疲れた」「しんどい」「早く帰りたい」と弱音を吐いていた子どもたちも、ここでは大はしゃぎ。長い滑り台を何回も滑ったり、追いかけっこしたり、皆楽しそうに遊んでいました。子どものエネルギーは無限大ですね。
    そして、楽しかった五月山公園はここでおしまい。帰路につきます。徒歩で池田駅に向かい、池田駅から阪急電車に乗車、十三駅で乗り換え、千里山駅で下車。そこから徒歩で15時40分頃 幼稚園に無事に到着しました。
    たくさん歩いて、たくさん遊んだので疲れた顔をした子どももいたけれど、みんな満足した良い顔をしていました。とてもいい思い出になったのではないでしょうか。
    引率していただいた先生方、付添いのお母さん方、大変お疲れさまでした。

  • 2月3日
    子育て防災講座
    • image
    • image
    先日、吹田市で災害に強い地域づくりを目指して講演活動を続けられている子育て防災プロジェクトの皆さんをお招きし、『子育て防災講座』を開催致しました。

    第一部では、東日本大震災で被災経験された講師の小畑祥子さんの小さなお子さまとの避難生活やその経験から学んだことなど、ニュース等では伝わってこなかった貴重なお話をお聴きすることができました。
    第二部では、グループごとに分かれてクロスロードゲームを行いました。
    設問に対して、二者択一の究極の選択。一人一人が考え、選び、伝えることで、被災体験をより身近に感じることができました。
    講師の小畑さんの「どれも正解はありません。自分の選んだ決断を正しいと思って下さい」という最後のお言葉がとても心に響きました。

    寒い中ご参加いただいた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

  • 12月20日
    遊具アンケート調査結果
    • image
    クラス別表はこちら

  • 12月18日
    広報だより(守衛の鈴木さん)
    • image
    今回は、毎日子ども達、先生方、保護者の皆様の安全を日々正門前にて守って下さっている、守衛の鈴木さんに取材をしました。

    ○グレース幼稚園にどのくらい勤務されているのですか?
    15年です。

    ○今の園庭がもう少しで使えなくなってしまいますが、思い入れはありますか?
     (鈴木さんご自身もグレース幼稚園の卒園生だそうで、当時のことを教えてくださいました。)
    木造の園舎で毎日お弁当を持参して登園し、石の滑り台はもっと長くて、場所も移動したとのエピソードも教えてくださいました。

    ○日々、子ども達を見て印象に残った事、エピソードなどはありますか?
    毎日、自分の孫みたいな子ども達を見ていますが、最近の子ども達は、足腰が弱くなっているように思います。ボール投げを見ていても、公園等でもボールを投げる機会が少ないように見て取れますね。

    毎日、園児、保護者の安全を守って下さる鈴木さんだからこそ、温かく子ども達への熱い思いのお言葉がいただけたと思いました。

    寒い日も、猛暑の時も、外でみんなの安全を守って下さる鈴木さん。いつもありがとうございます。今回は突然の取材にも関わらず笑顔でご対応下さり、ありがとうございました。

  • 12月4日
    広報だより(11月誕生日会)
    • image
    • image
    • image
    • image
    • image
    11月29日、誕生日会の前半を取材させて頂きました。(前半たんぽぽ、すみれ、みどり、あお)11月の誕生日の子どもたちが前に出て、1人ずつ自分の名前を言うことからスタート!
    みんな大きな声で、しっかりと言えました。年少組はまだ難しいのかな?と思ったのですが、そんな心配を物ともせず、大きな声でクラスまでしっかり言うことができました。
    みんなで歌をうたいながら人数を数え…今月は19人の子どもたちが、1つ大きくなりました。
    その後は「誕生日の歌」をうたったり、先生からのプレゼント「ぐりとぐら」のペープサートを楽しんでいました。
    そして年少組からは「とざん電車のうた」、年中組からは「きのこ」の歌のプレゼント。
    誕生日会が終わるまでザワザワする事なく、集中してペープサートを見て、全力で歌をうたい、とても楽しんでいた様子でした。
    最後に先生から「今日は美味しいおやつ、鳩サブレがあります!」の発表に大喜びで退場していきました。
    みんな誕生日おめでとう!

information

学校法人千里山学院
千里山グレース幼稚園


〒565-0842
大阪府吹田市千里山東2−18−43
TEL.06-6388-0306
FAX.06-6389-1715
Mail.info@senriyamagrace.jp